ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。
それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて——。
読後、きっとこのタイトルに涙する。
デビュー作にして2016年本屋大賞・堂々の第2位、80万部突破のベストセラー待望の文庫化!

・「2016年本屋大賞」2位
・「2015年年間ベストセラー」6位(文芸書・トーハン調べ)
・「2016年年間ベストセラー」1位(単行本フィクション・日販調べ)
・「第3回Yahoo!検索大賞 カルチャーカテゴリ」小説部門賞
・紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする 「キノベス!2016」 第3位
・2016年TSUTAYA BOOKS上半期ランキング【総合部門】第1位
・第1回宮脇書店大賞「ミヤボン」 第1位
・「2015年ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 」2位

文庫版
君の膵臓をたべたい

住野よる

2017年04月27日発売

定価:本体648円+税