検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:山平重樹   
発売日:2012年11月15日  定価:本体714円 + 税

三代目山口組・田岡一雄組長が戦後、山口組全国進攻の先兵として、「庶民に娯楽を」の名目で立ち上げた伝説の興行会社「神戸芸能社」の栄光の軌跡とその終焉を初めて  ...続き.>

line

著:山平重樹   
発売日:2004年05月11日  定価:本体524円 + 税

"先行き不透明なこの時代。人生の""勝ち組""になるにはどうすればいいか!? そのヒントとなるのが、""しのぎ""のプロともいえるヤクザたちの生き方。強気な姿勢、そして男気──。交渉術から危機管理術、立身出世術まで、サバイバル時代を生き抜くノウハウがここにある!"

line

著:安土茂   
発売日:2003年11月11日  定価:本体476円 + 税

『大阪刑務所四区』で刑務所の実態を赤裸々に描いた著者が読者の好評に応えて、人には言えない服役者の驚くべき日々を余すところなく書き尽くす。金銭のもつれから人を撲殺、懲役15年の刑で大阪刑務所に収容された著者だからこそ活写できる禁断のムショ生活。

line

著:山田勝啓   
発売日:2003年05月13日  定価:本体667円 + 税

山口組の大黒柱、宅見勝若頭が射殺された。事件発生から8ヶ月間を克明に追いながら、阪神大震災での救助活動、暴対法訴訟の取り下げ、オウム事件、総会屋、企業テロ、外国マフィアとの暗闘、そして、宅見事件の伏線といわれる中野会長暗殺未遂事件を描く。

line

著:山田勝啓   
発売日:2003年04月08日  定価:本体648円 + 税

ヤクザの3人に1人が所属するという山口組。暴対法前夜から同法を駆使した警察との虚々実々の駆け引き、シノギの最前線ととその実態、そして大弁護団を結成した暴対法訴訟など、他に例を見ないマンモス組織の「激動の時代」を描く。五代目山口組シリーズ第2弾。

line

著:山田勝啓   
発売日:2003年03月11日  定価:本体667円 + 税

「山一抗争」から約四年経過して確立された五代目山口組。新組長決定、新体制発足から勢力拡大への二年間、日本最大のヤクザ集団はどんな動きを見せたのか。組織経営、行事、人事、抗争、外交、事件など、その実像に迫る。

line

著:山平重樹   
発売日:2002年09月10日  定価:本体695円 + 税

世間の風当たりは厳しいが、ヤクザ社会は何百年もの間、連綿として続いてきた。では、その歴史と伝統を支えてきたのは、どんな親分だったのか。伝説の親分から現役の親分  ...続き.>

line

 
発売日:2002年02月12日  定価:本体714円 + 税

ヤクザが何百年という歴史を持ち、ある面ではカタギと共存して日本社会に根付くことができたのはなぜか。名を知られた親分のインタビューをまじえ、盃ごと、代紋、破門、テキヤ、博打、抗争、シノギなどヤクザの実態を余すことなく活写した、衝撃のノンフィクション。

line

著:安土茂   
発売日:2002年02月12日  定価:本体514円 + 税

刑務所を出て五年、いまだに「安土!」という担当の叱声で目が覚める。猫がネズミをいたぶるようにイジメが横行する。着る、食べる、眠る、排泄する、動く、しゃべる、いっさいの自由を奪われた毎日。誰も知らない、これが日本一厳しいマンモス大阪刑務所の実態だ!

line

著:安藤昇   
発売日:2000年12月06日  定価:本体457円 + 税

男のケンカと女のケンカには、決定的違いがある。女のケンカは自分のためのケンカだ。男のケンカは違う。どうしても筋が通らない問題をかかえた人間から相談され、男とし  ...続き.>

line

著:安藤昇   
発売日:1998年10月08日  定価:本体562円 + 税

昭和33年6月11日の夕刻、東洋郵船社長・横井英樹は社長室で暴漢に拳銃で撃たれ、警視庁は安藤組長を全国指名手配した。敗戦直後19歳の安藤昇が腕と度胸で新興組組織安藤組を結成し数々の抗争を繰り広げ、昭和39年解散に至るまでの迫真のドキュメント。

« 前へ 1 次へ »