検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:金子成人   
発売日:2016年12月15日  定価:本体611円 + 税

南新川の廻船問屋『渡海屋』の若旦那である巳之吉は、家業には目もくれず、遊興三昧。家族の咎めも馬耳東風で、気ままな日々を過ごしていたが、業を煮やした祖父の儀  ...続き.>

line

著:中島要   
発売日:2016年10月13日  定価:本体611円 + 税

日下雄征は旗本の次男坊である。芸者の鶴次と情を交わし、好物のかりんとうを囓り、呑気に日々を過ごしていた。しかし、黒船の来航によって、世の中は大きく変わろう  ...続き.>

line

著:深水越   
発売日:2016年09月15日  定価:本体657円 + 税

料理屋梅本に、新たに仲居として入ったお千弥の父と兄は、以前つまみかんざし作りの職人だった。お座敷の後首を吊った姿で発見された芸者の髪にも、つまみかんざしが  ...続き.>

line

著:深水越   
発売日:2016年01月14日  定価:本体630円 + 税

御先手組同心を務める九十九家の五男坊・新吾は、根付け彫りに熱中するかたわら、自立の道を求めていた。ひょんなことから出会った口入屋の紹介で、深川にある料理屋梅本に住み込み、揉め事処理の役目を担うことになる。期待の新人デビュー作。

line

著:村崎れいと   
発売日:2015年11月12日  定価:本体630円 + 税

田沼意次の密命を帯びて世の治安に務める安川市兵衛の配下壮志郎は、いまはその使命も忘れ、ひたすら盗賊の頭目を追っていた。その頭目は自らに火盗改の手が伸びれば  ...続き.>

line

著:村崎れいと   
発売日:2015年02月12日  定価:本体657円 + 税

深川の材木商・加茂屋に盗賊団が押し入った。天狗の面をつけた盗賊は、六百両とともに蔵王権現像を奪っていったが、この巨大な像を運びだすには、宙を飛んだとしか考  ...続き.>

line

著:村崎れいと   
発売日:2014年12月11日  定価:本体657円 + 税

田沼意次政治を守るための影御用を務める安川市兵衛に見込まれた浪人・村越壮志郎の活躍と成長。

(ブックレビュー:小説推理2015年2月号掲載)


line

著:高橋由太   
発売日:2014年08月07日  定価:本体593円 + 税

幕末、麻疹の大流行で、近藤勇の剣術道場には閑古鳥が鳴いていた。ある晩、仲間の土方歳三や沖田総司と町の見回りに出た近藤は、甦った死人の群れに取り囲まれてしま  ...続き.>

line

著:水田勁   
発売日:2014年07月09日  定価:本体630円 + 税

出くわした火事で、焼け出された美女を助けた深川の幇間・玉吉。焼け跡からは、何者かに殺された二つの死体が見つかる。詳しい事情は話せないが帰るところがないと泣  ...続き.>

line

著:藤堂房良   
発売日:2014年06月12日  定価:本体620円 + 税

旗本の三男坊、朝倉新三郎は唯一心通う身内だった祖父の死を機に父と諍いを起こして出奔。”見倒し屋”徳兵衛の世話になることに。見倒し屋――それは、人の匂いと思いの  ...続き.>

line

著:水田勁   
発売日:2014年01月09日  定価:本体629円 + 税

玉吉はかつて鰯が大量に獲れたというばんげ浜にやってきた。残忍に強盗を働く一味に兄を殺された少年との、「必ず仇を討つ」という約束を守るために今回は奉行所から  ...続き.>

line

著:藤堂房良   
発売日:2013年12月12日  定価:本体600円 + 税

夜鷹蕎麦の夏が何者かに襲われた娘を助けた。「なお」と名乗った娘は、夏に何事か言い残して事切れる。一見売れっ子女郎風の身形に、町奉行所は痴話喧嘩の果ての所業  ...続き.>

line

著:藤堂房良   
発売日:2013年11月14日  定価:本体619円 + 税

吉原の肝煎、庄司甚右衛門が行方知れずとなった。花街きっての実力者の失踪は最悪の結末を迎える。誰が、いったい、何のために……。息子の甚五郎とともに、甚右衛門惨  ...続き.>

line

著:藤堂房良   
発売日:2013年08月08日  定価:本体600円 + 税

仲間の隠密同心が相次いで何者かに斬殺され、必死で探索を続ける桐谷左門は、やがてその裏に隠された闇勢力の恐ろしい企てを知ることになる。吉原を遊客、花魁、廓の  ...続き.>

line

著:水田勁   
発売日:2013年05月16日  定価:本体619円 + 税

ある晩、夜道を歩いていた玉吉は、何者かに殺されかけている浪人を助ける。だが浪人の傷は深く、この金を娘に、と玉吉に金を手渡して息絶えた。天涯孤独になってしま  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 次へ »