検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:稲葉稔   
発売日:2016年09月15日  定価:本体602円 + 税

火の見櫓で飛び降り騒ぎを起こした女を救った桜井慎之介はその女、お高から”仕事”を頼まれる。雪駄問屋の出戻り娘であるお高は摺り師の藤十郎への片恋に身を焦がして  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2015年10月15日  定価:本体620円 + 税

江戸屈指の仏壇屋『芳徳』の跡継ぎ、長兵衛が忽然と姿を消した。金持ちを強請って養護所設立の元手を稼ぐ日々に行き詰まりを感じていた桜井慎之介は、人助けでまっと  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2015年09月10日  定価:本体593円 + 税

ほろ酔い加減のところを拉致された桜井慎之介は、岡部四郎三郎と名乗る謎の侍に老中筆頭・水野出羽守の暗殺を持ちかけられる。その報酬、首尾よく運べば二百両。出羽  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年12月11日  定価:本体611円 + 税

酔った勢いで有り金全部を若後家への餞別に渡してしまった桜井慎之介。孤児のための養護所建設の夢は振り出しに戻るも、慎之介はめげない。今度は魚河岸で悪どく儲け  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年11月13日  定価:本体583円 + 税

懐は素寒貧、だけど笑顔は百万両! 旗本育ちの快男児・桜井慎之介が孤児たちの養護所を作るべく、資金稼ぎに危ない橋を渡りまくる。一刀流の剛剣と気風の良さを武器  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年10月16日  定価:本体648円 + 税

大盗賊血筆の左平次を捕縛した喜びも束の間、水野家の金蔵襲撃とは無関係だったことが判明する。盗まれた二万五千両は何処へ消えたのか。先手御用掛の宇佐見平四郎は  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年09月11日  定価:本体657円 + 税

小雪舞う昼下がり、水野家の下屋敷から二万五千両が奪われた。最近老中を辞した水野忠成と折り合いの悪かった阿部家の仕業ではと疑う水野家に対し、濡れ衣だと苛立つ  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年08月07日  定価:本体639円 + 税

閑職の甲府勤番に任じられた不満を高じさせ、小普請組世話役とその家族を惨殺した松井田基一郎を追う宇佐見平四郎はある日、凄腕の曲者に襲われる。「講武実用流、見  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年05月15日  定価:本体639円 + 税

城中に詰めて警衛に当たる大番組の二人が相次いで斬り殺された。目付の武藤左五郎に下手人探しを命じられた先手御用掛の宇佐見平四郎は、妻あやめを失った悲しみを胸  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年03月13日  定価:本体629円 + 税

宇佐見平四郎は幼馴染みのあやめと晴れて夫婦となるも、予想だにしない悲劇に見舞われる。誅殺に赴いた先で討ち漏らした、浅井周次郎という浪人が新妻を惨殺したのだ  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2014年02月12日  定価:本体629円 + 税

父を暴漢に殺害された青年剣士・宇佐見平四郎は、師と仰ぐ平山行蔵が御先手組が氏ら・藤堂源左衛門から命じられた先手御用掛の仲間として、許せぬ悪を討つ役目を担う  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2013年10月10日  定価:本体600円 + 税

商家に押し入り主従を惨殺したうえ金蔵を破った凶賊「蝙蝠安」一味を追って東海道を登った小室春斎は、相模で賊と斬り結び、すんでのところで頭の安蔵らを取り逃がし  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2013年03月14日  定価:本体600円 + 税

古河藩主・土井大炊頭が江戸城に向かう途中、何者かに襲われた。幸い大事には至らなかったが、御三卿のいずれかが襲撃に絡んでいたとの噂が流れる。曲者の探索は困難  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2012年11月15日  定価:本体619円 + 税

千束で賭場荒らしが勃発したのを皮切りに、江戸の町では血腥い事件が次々と起こっていた。首謀者は鹿島の丈太郎一味。仁義を無視し、手当たり次第に抗争を繰り広げる  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2012年10月11日  定価:本体600円 + 税

八州廻りの盟友、松川左門が盗賊・六文銭の房五郎一味の凶刃に倒れた。浪人奉行・小室春斎は、房五郎一味を捕縛し左門の仇を討つために上州路へと赴くことになる。出  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 次へ »