検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:鳥羽亮   
発売日:2017年04月13日  定価:本体602円 + 税

はぐれ長屋の近くで、母子が三人の武士に襲われた。母子をかばい、三人と斬り合っている男が、長屋に引っ越してきたばかりの安田十兵衛だと気付いた源九郎は、さっそ  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2016年12月15日  定価:本体593円 + 税

居合の達人に、父親を殺された武家の娘。当初は菅井紋太夫を下手人だと思い込んでいた娘だが、勘違いに気づき、仇討のため菅井に剣術指南を願い出る。はぐれ長屋に通  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2016年08月04日  定価:本体593円 + 税

柳橋にある船宿の娘が忽然と姿を消した。数日後、はぐれ長屋に住む職人の娘も買い物帰りにいなくなってしまう。ふたりは年齢が十歳で、器量よしという共通点があった  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2016年07月14日  定価:本体611円 + 税

尽忠報国の名の下に軍資金を強要する凶賊が江戸市中を震撼させていた。直心影流の遣い手である雲井十四郎は、呉服問屋・豊島屋から用心棒として雇われるが、一味は武  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2016年04月14日  定価:本体593円 + 税

武士に襲われている若い娘を助けた菅井紋太夫。さる大名家の家臣の娘で、親の仇討ちで江戸に出てきたらしい。ひとまず娘を長屋に匿ったが、そんなある日、数名の藩士が「仇討ちの助太刀」を頼んできた。大好評シリーズ第三十六弾!

line

著:鳥羽亮   
発売日:2015年12月10日  定価:本体602円 + 税

武士に襲われている老剣客を助けた源九郎は、彼の顔を見て驚く。その老剣客は若かりし頃、源九郎と同じ「士学館」で剣の腕を競い合った仲だったのだ。彼は長らく大身  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2015年08月06日  定価:本体602円 + 税

老人と若い娘がはぐれ長屋で男たちに襲われた。近ごろ、江戸の街に頻繁に出没し、目星を付けた美人を攫っていく集団の仕業らしい。源九郎たちは人攫い集団の正体を突  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2015年04月16日  定価:本体602円 + 税

武士の斬り合いがはぐれ長屋の近くで起きた。劣勢の武士を助けた源九郎は、その武士が田上藩士であることに驚く。田上藩の現藩主・青山京四郎は、かつて藩のお家騒動  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2015年01月15日  定価:本体611円 + 税

大身旗本の家督争いに巻きこまれた雲井十四郎。闇に煌く妖火の如し魔剣に、果たして十四郎はどう挑むのか!? そして、老剣客の意地と誇りは……。大好評シリーズ4作目。

line

著:鳥羽亮   
発売日:2014年12月11日  定価:本体602円 + 税

かつて江戸で悪名を轟かせた大悪党・相撲の五平。源九郎たちの働きで捕縛され、死罪となったが、五平の片腕だった男が江戸にもどってきた。男は親分の恨みを晴らすべ  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2014年08月07日  定価:本体602円 + 税

はぐれ長屋に、小さな娘を連れた武士がやってきた。何やら訳ありの様子だが、しばらく長屋に住むことになった。娘は長屋の連中からも可愛がられるが、ある日、父娘が  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2014年04月10日  定価:本体602円 + 税

久しぶりに浜乃屋を訪れた華町源九郎と菅井紋太夫。お吟の酌で酒を呑んでいると、屈強な男に追われた若い侍が、助けを求めて店に入ってきた。源九郎と紋太夫は男たち  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2013年12月12日  定価:本体581円 + 税

はぐれ長屋に訳ありの父子が引っ越してきた。父親は剣の腕が立つようだが、いまは長屋で子供たちに読み書きを教える毎日。そんな折、父子が長屋近くで三人の武士に襲  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2013年08月08日  定価:本体581円 + 税

江戸の大店に次々と押し入り、邪魔をするものは容赦なく斬り捨て、大金を盗んでいく押し込み強盗集団「聖天一味」。そんな折、はぐれ長屋の家主の材木問屋「三崎屋」  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2013年04月11日  定価:本体581円 + 税

牢人体の武士に襲われ、深手をおった一刀流神谷道場の者たちを助けた華町源九郎と菅井紋太夫。道場主の寡婦と息子、師範代に自分たちを襲った者の正体を突き止めてほ  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 次へ »