検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:築山桂   
発売日:2012年02月16日  定価:本体600円 + 税

大坂の町で若い娘を狙った拐かし事件が続いた。千年の昔から大坂の町と民を守り続けてきた闇の一族〈在天別流〉の男装の美剣士・東儀左近は、賊の手中にある娘を助け  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2011年05月12日  定価:本体600円 + 税

千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2009年12月10日  定価:本体581円 + 税

元岡っ引きだった克次に一方的に競争心を燃やす、岡っ引きの正蔵が何者かに斬られた。時を同じくして克次の下っ引きだった安五郎も「恨みをはらすのだ」と斬られる。かつて克次が係わった事件の恨みか…。書き下ろし時代小説シリーズ第四弾。

line

著:築山桂   
発売日:2009年05月14日  定価:本体571円 + 税

信頼して請人となった小六一家が長屋から夜逃げした。困惑する克次だったが、藤右衛門から、かつて請け判をついた船宿の主人が不審な死に方をしたので調べて欲しいと  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2009年01月15日  定価:本体762円 + 税

蘭学塾・思々斎塾で医学を学ぶ日々を送る緒方章(後の洪庵)は北前舟の隠し荷をめぐる争いに巻き込まれる。船頭に連れてこられて大阪にやって来た謎の少女。その身に  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2008年12月18日  定価:本体648円 + 税

蘭学塾・思々斎塾で勉学の日々を送っていた緒方章(後の洪庵)は、師匠の依頼により禁制の蘭学書を購入するため、禁書売りとの取引きを始めた。ところが、その男が殺  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2008年11月13日  定価:本体590円 + 税

克次が営む大和屋を訪れた、宿なしの幼い兄妹の妹お峰が行方不明になった。同じころ江戸の町で幼い娘のかどわかし事件が頻発していた。親しくしていた同心の中山順之  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2008年07月10日  定価:本体571円 + 税

訳あって岡っ引きを辞め、深川で家請人業を営む克次。困っている人を助け仕事は繁盛していたが、ある夜、身投げしようとしていた大店の娘の命を救ったことで身辺が慌  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2007年10月09日  定価:本体629円 + 税

旗本・津田帯刀の娘で銀杏屋敷に住む志希に縁談が持ち上がった。相手は四十一歳の京の身分ある公家で、志希を描いた錦絵を見て、気に入ったらしい。妾腹で目の悪い娘  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2007年06月14日  定価:本体590円 + 税

江戸の町を騒がせている盗賊「疾風の多門」一味。現場に残す「二代目参上」の張り紙の狙いは? 同心の瀬田仁一郎は探索に奔走するが、まったく手掛かりが得られない。  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2006年12月14日  定価:本体619円 + 税

銀杏屋敷と呼ばれる旗本屋敷から人の手首が発見された。奉公人のお鶴は町方の探索に興味を持ち、同心の瀬田仁一郎から事件解決の協力をもとめられる。探索が進むにつれ、人間の情が複雑に絡み合った事件は思わぬ方向へ……。新シリーズ第一弾!

line

著:築山桂   
発売日:2006年07月13日  定価:本体600円 + 税

呉服商若狭屋の一人娘信乃と大阪東町奉行所同心・丹羽祥吾との縁談が整い、誰もが幸せに笑っていた矢先、若狭屋に寄宿していた千佐が何者かにさらわれ、一瞬にして平穏な  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2006年01月10日  定価:本体600円 + 税

美濃屋の一人娘おりんが失踪した。ちょうどその頃、京都の公卿の御落胤と自称する若者が大坂の町で評判となっていた。若狭屋の跡取りである甲次郎と大坂東町奉行同心の丹  ...続き.>

line

 
発売日:2005年07月11日  定価:本体600円 + 税

大坂東町奉行所同心が殺された。内々に処理させよという城代の命に反して、秘密裡に同僚の死の謎を追う丹羽祥吾。手を貸すことになった、呉服商若狭屋の跡取りで幼なじみ  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2005年03月08日  定価:本体600円 + 税

呉服商若狭屋の跡取り、甲次郎と道場仲間だった豊次が殺された。犯人探しに奔走する甲次郎に大阪城代管轄の長内村の煙硝蔵が破られたという噂が届く。一方、若狭屋に寄宿している千佐の友達、美弥を郷里に送り届けた甲次郎と千佐が何者かに襲われて・・・。

« 前へ 1 2 次へ »