検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:井川香四郎   
発売日:2016年11月10日  定価:本体630円 + 税

「天下祭」の将軍上覧のため、御輿や山車が江戸城中に入ってきた。それに乗じて、改易になった播磨三日月藩森家の元家臣が城内に忍び込み、御家再興を求めて人質を盾  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2015年05月14日  定価:本体630円 + 税

江戸城中の警備を担う城中奉行の大久保丹後は、城内で起きる不可解な事件の解決に心血をそそぐが、真相究明には程遠い日々。業を煮やした丹後は、江戸中の岡っ引きの  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2010年11月11日  定価:本体600円 + 税

武士だの町人だの、身分なんか関係ぇねぇ! 道理に合わねえことが許せねえのよッ! 後の名奉行遠山左衛門尉景元で、日本橋堺町の一角にある芝居町をねぐらにする、粋で鯔背な遊び人遠山金四郎の活躍を描く書き下ろし時代小説シリーズ第六弾。

line

著:井川香四郎   
発売日:2009年12月10日  定価:本体619円 + 税

江戸の芝居町で興行中の中村座の舞台に、安房館山藩の下級武士たちが、百姓姿で乱入してきた。観劇中の館山藩の姫君を人質にとり、藩主に百姓たちの窮状を訴え、嘆願しようと企んだのだが…。若き日の遠山金四郎の活躍を描く、シリーズ第五弾。

line

著:井川香四郎   
発売日:2009年01月15日  定価:本体619円 + 税

江戸の名だたる大店に押し込み、家中の者たちを皆殺しにして金を奪う盗賊「夜鳥の嘉七」一味が、市中を荒らし回っていた。襲われた店の裏手に必ず掘割があることに気  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2007年12月11日  定価:本体619円 + 税

南町奉行・越智備前のもとに切腹しなければ江戸町人を殺すという内容の脅し文が射込まれた。奉行脅しの張本人と疑われた遊び人の金四郎は、自身番の牢屋に押し込めら  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2007年06月14日  定価:本体619円 + 税

薬種問屋「熊野屋」の一人娘が拐かされた。身代金千両の受け渡しをかってでた金四郎だったが、江戸中を走り回された挙句、まんまと金を奪われてしまう。だが、その騒  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2006年10月12日  定価:本体619円 + 税

清廉潔白で庶民にも人気の高い老中青山丹波守の行列が不逞の輩に襲われた。歌舞伎役者の中村歌右衛門が、下手人を匿ったかどで捕縛されるが……。日本橋堺町の一角にある芝居町をねぐらにする遊び人、遠山金四郎の八面六臂の活躍を描く書下ろし時代小説シリーズ第一弾。

line

著:井川香四郎   
発売日:2006年03月14日  定価:本体619円 + 税

谷中富士見坂にある洗い張り屋に、”洗ってもらいたい”と男が長羽織を差し出した。50に手が届こうかという番頭風だが、大盗賊・雲切仁左衛門と聞いて十兵衛は断ろうとする  ...続き.>

line

著:井川香四郎   
発売日:2005年06月14日  定価:本体600円 + 税

さる小藩の江戸詰めだったが、藩主御乱行で取り潰しになり、浪人を余儀なくされた月丸十兵衛。過去を消して、新たに生きる路を見出したいとやってくる依頼人たちを逃がす”洗い屋”を裏家業とする十兵衛の人情闇裁き。好評書き下ろし連作時代小説第二弾。

line

著:井川香四郎   
発売日:2004年12月14日  定価:本体600円 + 税

"人生洗いなおしますー。旦那殺しの疑いをかけられた妖艶な美女、自らの過ちを知り死を覚悟した吟味与力、苦界に堕ちながらも懸命に明日を夢見る遊女など、やむにやまれ  ...続き.>

« 前へ 1 次へ »