検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:鳥羽亮   
発売日:2017年08月07日  定価:本体602円 + 税

源九郎が「浜乃屋」に顔を出すと、お吟が「親分」と呼ばれる初老の男・猪七と深刻そうに話をしていた。どうやら、お吟のかつての仕事仲間らしい。数日後、お吟と猪七  ...続き.>

line

著:今井絵美子   
発売日:2017年08月07日  定価:本体611円 + 税

大勢の子供たちの笑い声や喧嘩をする声が溢れ、今日も騒がしい養護院草の実荘。その草の実荘に薬種問屋浪花屋に奉公する徳次が薮入りで久しぶりに帰ってた。徳次が草  ...続き.>

line

著:山本一力   
発売日:2017年07月13日  定価:本体778円 + 税

有田の薪炭屋主・健太郎は公儀隠密から、伊万里で黒色火薬が密造され、江戸に運び出されていると聞く。事が明らかになれば藩は取り潰しともなりかねない。健太郎は密  ...続き.>

line

著:坂岡真   
発売日:2017年07月13日  定価:本体620円 + 税

浜町の為替両替商が押しこみに遭い、一家惨殺のうえ、蓄財を奪われるという陰惨な事件が起きた。北町奉行所内与力の長岡玄蕃により事件の顛末を知らされた蛙屋忠兵衛  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2017年07月13日  定価:本体630円 + 税

楓川に架かる新場橋そばで男の死体が見つかった。体に般若の彫り物があるその男は「般若の猪之吉」という通り名の博奕打ちだった。猪之吉の情婦おつやを訪ねた臨時廻  ...続き.>

line

著:風野真知雄   
発売日:2017年07月13日  定価:本体574円 + 税

札差「佐野屋」から「珠子は芸の才能を上回る商才がある」と熱烈に口説かれて、心がぐらりと揺れる芸者の珠子。そして、娘の桃子も日に日に成長し、少しずつ言葉も理  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年07月13日  定価:本体583円 + 税

哀しい過去を断ち切るべく、封印していた剣を再び握った八雲兼四郎。表の顔は干物とめし、酒しか出さぬ店「いろは屋」若大将、裏の顔は許せぬ外道を冥土に送る浪人奉  ...続き.>

line

著:幡大介   
発売日:2017年07月13日  定価:本体611円 + 税

将軍ご愛玩のお犬、お珠様探索で大活躍した放蕩同心、八巻卯之吉。側室のお静の方の寵愛も得て万々歳――のはずだったが、お犬様発見の手柄をこともあろうに真の黒幕、  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2017年07月13日  定価:本体593円 + 税

仇討ちの父子を道場に居候させた豊之助。おんぼろ道場は新弟子も増え、ますます手狭になってきた。調べを進めるにつれ、仇はどうやら江戸を騒がす火付け強盗の頭らし  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2017年06月15日  定価:本体676円 + 税

東海代表を勝ち取り、寛永寺で行われる御上覧試合の本戦に出場するため江戸に戻ってきた湯瀬直之進。負傷した右腕も回復せず満足な稽古も出来ないまま、御上覧試合は  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せ  ...続き.>

line

著:芝村凉也   
発売日:2017年06月15日  定価:本体630円 + 税

お神楽一家の賭場からの帰りに同道した左門は、数人の集団が武家を襲撃している場面に出くわす。目撃者を排除すべく、こちらに刃を向ける一団をあっさり返り討ちにし  ...続き.>

line

著:幡大介   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

掘割で溺れる犬を助けた放蕩同心、八巻卯之吉は八丁堀の役宅に連れ帰り溺愛する。またいつもの遊興かと呆れる銀八や美鈴だったが、意外にも卯之吉の”犬可愛がり”は止  ...続き.>

line

著:藤井邦夫   
発売日:2017年05月11日  定価:本体602円 + 税

夜な夜な面体を隠した妙な侍の一団が浅草界隈に現れるという噂がたち、その真相を探ろうと探索に乗り出した南町奉行所定廻り同心の高村源吾。三味線堀近くにある肥後  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2017年05月11日  定価:本体602円 + 税

ならず者の清次郎が竪川三ツ目橋の袂で菰包みの骸となって見つかった。本所見廻り同心の深見十兵衛は下手人探しに奔走するも、耳にするのは強請りに手込めと非道を極  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »