検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:宮下奈都   
発売日:2017年01月12日  定価:本体546円 + 税

何があっても変わらずに、笑っている。あの人はそんな〝冷たい〟人だった――。社命で携わった仕事に贈賄の容疑がかかり、失踪した望月正幸。正幸の浮気相手、妻、娘。  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2016年12月15日  定価:本体648円 + 税

ついにお互いの気持ちを伝え、付き合いだした清貴と葵。ある日、不器用ながら徐々に心を通わせる2人に、京都では名の通った鑑定士や収集家の家から仏教関係の美術品  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年11月10日  定価:本体611円 + 税

団扇売りの鹿之丞が何者かに襲われたのに続き、楊枝屋の看板娘・お蝶も男に騙され、姿を消す。さらに、親分の内与力・村雨卯之助までもが、謎の侍集団の襲撃を受け、  ...続き.>

line

著:早見俊   
発売日:2016年11月10日  定価:本体620円 + 税

千代ノ介と文代の婚礼が盛大に行われた。祝いの席には番付仲間の助次郎らに混じって、将軍家斉もお忍びで駆け付ける。宴たけなわ、蕎麦屋番付の大関である信濃屋の新  ...続き.>

line

著:松尾由美   
発売日:2016年10月13日  定価:本体639円 + 税

二匹の猫の世話を条件に叔母のマンションに引っ越したぼくは、ある雨の夜、部屋で女性の声を聞いた。「わたしは幽霊です」と言う彼女は、自分を殺した人を捜してほし  ...続き.>

line

著:仲野ワタリ   
発売日:2016年10月13日  定価:本体630円 + 税

祖父から譲り受けた古民家を改造し、外国人旅行者向けのゲストハウス「八百万(やおよろず)」を開業した元バックパッカーの安堂美香。オープンから九カ月。同僚の亮  ...続き.>

line

著:こうの史代  著:蒔田陽平   
発売日:2016年10月13日  定価:本体565円 + 税

すずは広島の江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、18歳で呉に嫁いだすずは、戦争が世の中の空気を変えていく中、ひとりの主婦として前を向いて生きていく。だが  ...続き.>

line

著:両角長彦   
発売日:2016年09月15日  定価:本体648円 + 税

競馬解説者の娘の誘拐事件、弟分がヤクザに持ち掛けられた高額のポーカーゲーム、ルーレットに耽溺する政治家に仕掛けられた罠。破天荒な凄腕ギャンブラーの半崎が、  ...続き.>

line

著:広瀬未衣   
発売日:2016年09月15日  定価:本体611円 + 税

ひとつきに二度、満月がくる”ブルームーン”の8月、17歳の僕は法事で京都の嵐山にある祖母に家に行った。最初の満月の夜、僕は傘で泉の水をすくっている少女と出会う  ...続き.>

line

著:光原百合   
発売日:2016年08月04日  定価:本体574円 + 税

大学受験に失敗し、予備校に通う信也はある日、河川敷で絵を描いていた紅美子と出会う。やがて同じアパートに住むようになり、信也は紅美子と親しくなるが、信也は〝  ...続き.>

line

著:西澤保彦   
発売日:2016年08月04日  定価:本体694円 + 税

失業中の男が法外な報酬を提示され、初対面の女性と少女と1か月間、擬似家族を演じるという仕事を引き受ける。別荘で滞在を始めると不思議な現象が次々と起きるが、  ...続き.>

line

著:黒武洋   
発売日:2016年08月04日  定価:本体722円 + 税

都心で市民を狙った爆発事件が発生。爆弾が仕込まれたのは携帯電話だった。犯人は通信会社に5000万円を要求するが、その後動きを止めてしまう。時間ばかりが経過し、  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2016年08月04日  定価:本体657円 + 税

『蔵』でアルバイトを始めて一年。ようやく気付いた自分の気持ちを清貴へ伝えるかどうか逡巡する葵だが、清貴や秋人と城崎温泉に行ったり、シャーロキアンの会に出た  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年08月04日  定価:本体611円 + 税

路傍で倒れている武家の奥方と息子を助けた「使の者」猪三郎と鹿之丞、お蝶の三人組。尾張から江戸に出てきたという母親は、猪三郎たちに「人探し」を頼む。よくよく  ...続き.>

line

著:早見俊   
発売日:2016年07月14日  定価:本体620円 + 税

将軍家斉をお忍びの花火見物に連れ出した番付目付の一柳千代ノ介は、両国橋に馬で乗り込み、転んだ親子を無礼討ちしようとした武士に遭遇。止めに入った千代ノ介の前  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ »