検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:森村誠一   
発売日:2016年09月15日  定価:本体657円 + 税

公園の片隅で発見されたホームレスの死体。身元不明の被害者を洗う警視庁捜査一課の棟居は、八年前の迷宮入り強盗殺人事件との関係に気づく。北アルプスに端を発する  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2015年12月10日  定価:本体694円 + 税

T省課長補佐が、公共事業の受注先である大手商社のビルから墜落死した。自殺か? はたまた他殺か? 捜査を開始した棟居の元に、ベテランアルピニストが北アルプス  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2013年11月14日  定価:本体629円 + 税

渋谷スペイン坂にある「恋人たちの聖地」。異次元へのジョイントであるこのカフェに、殺人の濡れ衣を着せられた男が逃げ込んだ――。棟居刑事シリーズ

line

著:森村誠一   
発売日:2013年05月16日  定価:本体600円 + 税

ナンバーワンホストの有光は、売春組織から逃げ出してきたタイ人女性・トゥイを匿まうが、トゥイはある日忽然と部屋から消え、死体で発見される。さらには、第二第三の女性の失踪事件も起き、警視庁捜査一課の棟居は複雑に絡まりあう事件を追う。

line

著:森村誠一   
発売日:2012年10月11日  定価:本体648円 + 税

学生時代に恋慕した女と共に、作家・北村直樹が訪れたことのある沼で、北村がかつて会社を辞める元凶となった男の死体が発見される。さらには北村のサイン入り腕時計  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2012年05月10日  定価:本体600円 + 税

都内に奇妙な事件が頻発していた。ターゲットにされた者の衣服に、突然真紅のしみが浮かび上がるというものである。単なる愉快犯か、それとも「人間狩り」を模した危険なゲームか。警視庁捜査一課の棟居と被害者たちは真相究明に乗り出す。

line

著:森村誠一   
発売日:2011年02月10日  定価:本体619円 + 税

新宿の廃墟ビルで発見された銀座クラブ・ボーイの死体。都会の闇に呑みこまれた青年の死は、次期総理候補と企業の癒着を炙り出した――。棟居刑事シリーズ

line

著:森村誠一   
発売日:2009年12月10日  定価:本体619円 + 税

山名は会社の同僚・竹内愛から姉・由香失踪の相談を受ける。由香の失踪には自社の社長・江頭克巳が関係しているらしい。山名は、「社奴」であった半生に別れを告げ、「自由の荒野」に踏み出すべく、江頭に宛てて脅迫状をしたためるが…。

line

著:森村誠一   
発売日:2009年10月15日  定価:本体581円 + 税

様々な人間が去来集散し、人生の破片を落としていく駅、新宿。その新宿で、スナックのママが失踪し、同じ頃、商談のため上京した骨董商が忽然と消息を絶った。無関係に見えた二つの事件は意外な形で交錯していくのだが……。傑作ミステリー。

line

著:森村誠一   
発売日:2008年11月13日  定価:本体562円 + 税

棟居は北アルプス後立山縦走を試みる途中、唐松岳山頂でトレッキングツアーのグループに写真撮影を頼まれた。楽しげな彼らとは下山した後、二度と会うことはないはず  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2008年01月10日  定価:本体619円 + 税

警視庁捜査一課刑事・山科正人は殺人事件の捜査本部に参加しているが、仲間にもペアを組んだ新宿署の牛尾刑事にも「話したくない秘密」があった。あることをきっかけ  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2007年01月09日  定価:本体552円 + 税

殺し屋軍団と恐れられた暴力団九鬼組の元組長・九鬼直正は、ひょんなことから重光ゆかりという少女と友達になった。ゆかりの存在は、老いの荒野に咲く一輪の花。九鬼  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2006年09月14日  定価:本体600円 + 税

平凡な日常を捨て、新しい人生への切り替えを計画していた三人の男たちが遭遇した殺人事件。その被害者の一人は、彼らのマドンナともいうべき存在の女性であった。彼らは  ...続き.>

line

著:森村誠一   
発売日:2005年12月13日  定価:本体590円 + 税

ホームレス老人・通称「会長」、自ら起こした会社が倒産の憂き目に遭った元社長・藤村久、窓際に追いやられた会社人間・南雲良一、親の束縛から逃れるために家出した少女  ...続き.>

line

 
発売日:2005年07月11日  定価:本体581円 + 税

カルチャースクールで小説の勉強を始めた川名純子は、受講生仲間の本村真美子から”取材をかねた売春”を勧められた。取材の後、純子は、客の高見友一から「自分は余命いく  ...続き.>

« 前へ 1 2 次へ »