検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:かつ    画:DSマイル
発売日:2017年08月30日  定価:本体583円 + 税

人間と魔族が戦争直前!?  時空魔法を操り、ドレアドス王国と魔族の対立の裏で、オークの軍団が暗躍していることに気づいた誠司(30歳・童貞SE)。戦争を止めるため  ...続き.>

line

著:雪だるま    画:ファルまろ
発売日:2017年08月30日  定価:本体602円 + 税

妊娠組に留守を任せ、ユキたちは魔力枯渇の原因を調査するために新大陸へと向かった。調査は順調に……とはいかず、亜人たちを率いてジルバ帝国と敵対することに。マー  ...続き.>

line

著:日暮眠都    画:ナポ
発売日:2017年08月30日  定価:本体602円 + 税

極度の魔力不足から、グールになった身体を維持できなくなっていたシランは、その事実をひた隠しにしてきた。それを知った孝弘は、魔力供給の手段として彼女に自身の  ...続き.>

line

著:赤川次郎   
発売日:2017年08月07日  定価:本体657円 + 税

奈々子がつとめる喫茶店「南十字星」にある日、はかなげな美女が来店する。三枝美貴というその女性は、新婚旅行中にドイツで行方不明になった夫をずっと捜しているら  ...続き.>

line

著:朱川湊人   
発売日:2017年08月07日  定価:本体630円 + 税

直木賞作家が描く、切なくて激しい純愛小説集。みつばち・金魚・トカゲ・猿・孔雀をモチーフにした恋愛を描きますが、甘い蕩けるようなものではない。重く・強い、読み手の心を鷲掴みにして離さない短編集。

line

著:本城雅人   
発売日:2017年08月07日  定価:本体648円 + 税

幼い頃から共にボールを蹴ってきた修平、文雄、靖春の三人の人生は、高校三年のインターハイでのひとつのプレイをきっかけに一転する。――22年後、現役のプロサッカ  ...続き.>

line

著:田丸雅智   
発売日:2017年08月07日  定価:本体583円 + 税

初老のマスターが営む小さなバー、酒の種類はたったひとつだという。出されたグラスの美しさに「おれ」が驚くと、マスターは酒の名前を告げた。それを口に含んだとた  ...続き.>

line

著:皆藤黒助   
発売日:2017年08月07日  定価:本体583円 + 税

父親の失業のため、住み慣れた東京を離れ、父の故郷である日本海の小島に移り住んだ心一。都会への未練を捨て切れずにいる心一は、ある日、物置で古い自転車を見つけ  ...続き.>

line

著:篠宮あすか   
発売日:2017年08月07日  定価:本体556円 + 税

神さまも癒やされる絶品料理、お出しします!
金曜の夜にだけ現れる、不思議な屋台『なごみ亭』。お狐のコンが客引きするのは、人間だけとは限らない。感謝の  ...続き.>

line

著:小杉健治   
発売日:2017年08月07日  定価:本体630円 + 税

刀傷を負った侍は、幻宗の手術で一命を取りとめた。翌日、侍の経過を診ようと訪れた新吾に、屋敷の門番はそんな侍などいないと告げる。狐につままれた思いのまま帰宅  ...続き.>

line

著:国光   
発売日:2017年08月07日  定価:本体574円 + 税

棒手振りの半次が富くじ百両を引き当てた。なんでも、黄金に輝く鮪が夢に出てきたのだという。別名「シビ」と呼ばれて死日に通じると嫌われていた鮪がその日を境に縁  ...続き.>

line

著:福田和代   
発売日:2017年08月07日  定価:本体676円 + 税

警視庁保安課の刑事・上月は中国語の通訳捜査官・城らとともに池袋の雑居ビルに家宅捜索に向かう。容疑は入管法違反。取り調べると、拳銃や覚醒剤が出てきた。拳銃の  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2017年08月07日  定価:本体602円 + 税

源九郎が「浜乃屋」に顔を出すと、お吟が「親分」と呼ばれる初老の男・猪七と深刻そうに話をしていた。どうやら、お吟のかつての仕事仲間らしい。数日後、お吟と猪七  ...続き.>

line

著:今井絵美子   
発売日:2017年08月07日  定価:本体611円 + 税

大勢の子供たちの笑い声や喧嘩をする声が溢れ、今日も騒がしい養護院草の実荘。その草の実荘に薬種問屋浪花屋に奉公する徳次が薮入りで久しぶりに帰ってた。徳次が草  ...続き.>

line

著:睦月影郎   
発売日:2017年08月07日  定価:本体583円 + 税

不良にからまれ、メガネを壊された二十九歳童貞の諸星八郎は、帰宅途中に声を掛けてくれた旧知の骨董屋である月影堂の店主の無三から、不思議なメガネを勧められる。  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »