検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:赤川次郎   
発売日:2018年09月13日  定価:本体722円 + 税

伯父・黒崎の金で放蕩三昧の努と、金のために彼と付き合うちづる。二人は遺産目当てで黒崎の殺害を企てたが、ちづるは次第に黒崎に惹かれてゆく。しかし動き出した計  ...続き.>

line

著:西村京太郎   
発売日:2018年09月13日  定価:本体667円 + 税

盛岡発宮古行「快速リアス」の車中で荒木圭介が毒殺された。荒木はインターネットの仕事探し掲示板で見つけて引き受けた、怪しげな仕事の最中でのことだった。一方、  ...続き.>

line

著:秋吉理香子   
発売日:2018年09月13日  定価:本体639円 + 税

東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と  ...続き.>

line

著:桜井美奈   
発売日:2018年09月13日  定価:本体630円 + 税

『ご』と入力すると『ゴメン』と出てきて……『ゴメン。今日も仕事でダメになった』の一文ができあがる――。激務が続く番組制作会社で働く芦原志穂。彼女は今日も恋人に  ...続き.>

line

著:喜友名トト   
発売日:2018年09月13日  定価:本体630円 + 税

ある朝目覚めた小説家の俺は、「昨日」の記憶がないことに気づく。どうやら俺は一日ごとに記憶がリセットされ、新しいことを覚えられないという症状を抱えているらし  ...続き.>

line

著:春口裕子   
発売日:2018年09月13日  定価:本体750円 + 税

公園から忽然と姿を消した三歳の琴美。両親は必死に捜すが、一向に見つからない。――22年後。自堕落な生活を送る幸子のもとに、一通の手紙が届く。差出人は、消息不明  ...続き.>

line

著:中島さなえ   
発売日:2018年09月13日  定価:本体556円 + 税

ラボから脱走した「わるいうさぎ」、穴に挟まった饒舌な「ねずみ」、"夜の当番"をさせられる「たぬき」、猛獣を愛し、食べられたいと願う「うさぎ」、生き別れた母を  ...続き.>

line

著:沢里裕二   
発売日:2018年09月13日  定価:本体620円 + 税

真っ昼間の渋谷のスクランブル交差点で、包丁を持って暴れている薬物中毒の男に遭遇した警視庁特殊企画課の刑事・山神翔二。男は、六本木のキャバクラのナンバーワン  ...続き.>

line

著:望月麻衣   
発売日:2018年09月13日  定価:本体593円 + 税

懐かしい三羽の小鳥たちへ。約束の時が来ました―‐ある日、京都の高校に通う太秦萌、小野ミサ、松賀咲の3人の元に、一通のハガキが届いた。何かに導かれるように出会  ...続き.>

line

著:鈴木英治   
発売日:2018年09月13日  定価:本体694円 + 税

樺山富士太郎をかばって斬られてしまった珠吉は無事なのか。仲間に危害を加えてきた庄之助一味に、直之進、佐之助ら秀士館の面々は怒りの炎を燃やす。そして事態はつ  ...続き.>

line

著:稲葉稔   
発売日:2018年09月13日  定価:本体611円 + 税

幕府の密使として数々の国難を救ってきた不知火隼人。その出生の秘密が意外な形で明かされた。「そなたは上さまの兄上。命を狙われておる」--大奥御年寄、歌橋の突  ...続き.>

line

著:鳴神響一   
発売日:2018年09月13日  定価:本体602円 + 税

廓中が白装束で埋まる名物紋日、八朔。決して客と同衾しない伝説の花魁篝火は薄墨で竜を描いた白小袖姿で妖艶に道中し、男心をとろけさせる。だがその正体は、なんと  ...続き.>

line

著:山根誠司   
発売日:2018年09月13日  定価:本体583円 + 税

江戸の由緒ある古寺が大規模改修されることになった。普請の目玉は五重塔で、塔の建造案を広く公募するという。「算術の腕を生かせる」との周囲の勧めもあり、柏木新  ...続き.>

line

著:雨宮慶   
発売日:2018年09月13日  定価:本体630円 + 税

高校生になった公太は、最初の夏休みを東京のテレビ局でアナウンサーをしている憧れの叔母の元で過ごすことになった。深夜に叔母の響子が浴室でシャワーを浴びている  ...続き.>

line

著:乃坂希   
発売日:2018年09月13日  定価:本体602円 + 税

妻は愛しているが発展的別居中の竹山光雄は、知人の三上社長からもらったチケットでジャズピアニストのレストランコンサートに来ていた。音色に聴き入っていた光雄に  ...続き.>

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »