検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
TOP>文庫
ジャンル一覧へ


« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:柴田哲孝   
発売日:2018年08月08日  定価:本体722円 + 税

過剰防衛による殺人の裁判で無罪となり、警察庁警備局公安課特別捜査室“サクラ”に復帰した田臥を、新たな任務が待ち受けていた。東京発博多行きの“のぞみ167号”の  ...続き.>

line

著:五十嵐貴久   
発売日:2018年08月08日  定価:本体704円 + 税

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パー  ...続き.>

line

著:五十嵐貴久   
発売日:2018年08月08日  定価:本体704円 + 税

7月1日東京・杉並。小学校の校門に男児の切断された頭部が置かれていた。2日埼玉・和光。林で、中学生の少女の刺殺死体が発見された。3日愛知・名古屋。ス-パー  ...続き.>

line

著:朝比奈あすか   
発売日:2018年08月08日  定価:本体676円 + 税

男子が作った女子ランキング。あの子よりも、私は上だった――。美醜のジャッジに心を弄られ、自意識が衝突しあう教室。そこではある少女に対し、卑劣な方法で「魂の殺  ...続き.>

line

著:小林由香   
発売日:2018年08月08日  定価:本体620円 + 税

大切な人を殺された者は言う。「犯罪者に復讐してやりたい」と。凶悪な事件が起きると人々は言う。「被害者と同じ目に遭わせてやりたい」と。20××年、凶悪な犯罪が増  ...続き.>

line

著:田井ノエル   
発売日:2018年08月08日  定価:本体639円 + 税

道後温泉にたたずむ温泉宿『湯築屋』。古びた宿に見えるが、暖簾を潜ることのできる「お客様」にとっては、居心地がよく、癒しの効果もある、おもてなしの宿であった  ...続き.>

line

著:四葉夕卜   
発売日:2018年08月08日  定価:本体630円 + 税

優秀な陰陽師なのに、なぜか東京・八王子のナンデイ電気店で働くことになった大春日拓也。神様やあやかしたちに家電製品を売る仕事に戸惑いを感じていた拓也だったが  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2018年08月08日  定価:本体630円 + 税

この春に舞台化され、人気を呼んだ「緒方洪庵 浪華の事件帳」の姉妹編シリーズが新装版で登場! こちらの主人公は、大坂の町を陰で守る<在天別流>東儀左近。洪庵と出  ...続き.>

line

著:築山桂   
発売日:2018年08月08日  定価:本体630円 + 税

大坂商人の娘が拐かされる事件が相次いだ。そこにはさる大名家と大坂商人たちの間に横たわる遺恨が隠されていた。千年の昔から大坂の町と民を陰で守り続けてきた<在  ...続き.>

line

著:鳥羽亮   
発売日:2018年08月08日  定価:本体611円 + 税

はぐれ長屋に住む安次という職人が、番屋に連れて行かれた。呉服屋「成田屋」に押し入った強盗の仲間だと疑われたようだ。さらには、強盗の中に居合を遣う者をはじめ  ...続き.>

line

著:千野隆司   
発売日:2018年08月08日  定価:本体630円 + 税

順調に進む菩提寺改築の一方で、あちらこちらで一揆、打ち壊しの話を聞くようになった。高岡藩でも代官と農民の行き違いから、ついに一揆が勃発する。正紀はこの難局をどう乗り切るのか!? 好評シリーズ第六弾!

line

著:木村忠啓   
発売日:2018年08月08日  定価:本体630円 + 税

重田貞一(のちの十返舎一九)は、堺の家も妻子も捨て去り、戯作者として名を立てるべく、江戸でひとり悪戦苦闘の日々を送っていた。そこへ北町奉行・小田切土佐守か  ...続き.>

line

著:山本周五郎   
発売日:2018年08月08日  定価:本体676円 + 税

側室一派の謀略により廃嫡され、幼時より国許で幽閉同然の身となっていた大吉田藩の正嫡順二郎は美々しくも無力な若君に育つ。だが二十四歳の折、世継ぎとされていた  ...続き.>

line

著:睦月影郎   
発売日:2018年08月08日  定価:本体602円 + 税

愛人の子として生まれた二十歳の小林修吾は、母の死を報告するため実父で地方の山林王の天道寺修太郎の元を訪れる。目的を果たすとすぐに立ち去るつもりだった彼だが  ...続き.>

line

著:藍川京  著:草凪優  著:館淳一  著:牧村僚  著:睦月影郎   
発売日:2018年08月08日  定価:本体676円 + 税

読み方こそ違っているが、同じ「薫」という名を持つ高校の同級生に思いを寄せていた石戸薫は、十三年ぶりに再会し人妻となっていた相手から、意外な事実を告げられる(「カオルとカオリ」)など、第一線の人気作家による書き下ろし官能アンソロジー。

« 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ »