検索の説明
サイトマップ


媒体資料一覧
ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。

line

著:郷田マモラ   
発売日:2013年01月12日  定価:本体619円 + 税

かつて「人間やねん」シリーズとして、大阪の下町を舞台に発表された短編シリーズ。表題の「蝉の女」は、現代にひっそりと残る遊郭で生きる女の悲哀を描いた作品で、2012年に七海なな主演で映画化された。単行本未収録の4作品を含む8作品を収録。

line

著:郷田マモラ   
発売日:2012年06月28日  定価:本体648円 + 税

「モリのアサガオ」の郷田マモラの原点にして、連続TVドラマ化もされた名作「きらきらひかる」シリーズがいよいよ最終章!! 監察医の天野ひかると刑事の森田淳也は  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2012年06月28日  定価:本体648円 + 税

「モリのアサガオ」の郷田マモラの原点にして、連続TVドラマ化もされた名作「きらきらひかる」シリーズがいよいよ最終章!! ひかると森田刑事の恋の行方の終着点は  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2010年11月27日  定価:本体600円 + 税

新人刑務官・及川直樹と、死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の問題点を描き、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞し、2010年10月よりテ  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2010年11月27日  定価:本体619円 + 税

死刑制度を扱い、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞し、連続テレビドラマ化された『モリのアサガオ』、裁判員制度を扱った『サマヨイザクラ』の  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2010年04月28日  定価:本体619円 + 税

死刑制度を扱い、平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した『モリのアサガオ』、裁判員制度を扱い、テレビドラマ化された『サマヨイザクラ』の次に  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2009年03月28日  定価:本体619円 + 税

死刑制度の問題点を描ききった『モリのアサガオ』で、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞した郷田マモラが次に選んだテーマは、いよいよ今年2009年からスター  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2008年10月28日  定価:本体619円 + 税

2009年からスタートする≪裁判員制度≫。それは、抽選で決まった一般国民が、殺人などの重大犯罪の裁判の審理に参加する制度である。フリーターの相羽圭一は、裁判員に  ...続き.>

line

著:郷田マモラ   
発売日:2007年07月03日  定価:本体600円 + 税

渡瀬満は、なぜ、復讐を果たした後、一年間逃亡していたのか? ついにその秘密を解き明かした刑務官・及川直樹。この日から、二人は友情を育んでいく。そして時は流れ、処刑命令が渡瀬に下った……。死刑制度の«今»を描ききった衝撃作、ついに完結!!

line

著:郷田マモラ   
発売日:2006年12月26日  定価:本体600円 + 税

あのBLコミックで大人気の山田ユギ先生も大絶賛!!死刑を執行する側とされる側。新人刑務官・及川直樹と死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の«今»を描ききった衝撃の問題作第6巻。

line

著:郷田マモラ   
発売日:2006年07月28日  定価:本体600円 + 税

死刑を執行する側とされる側。新人刑務官・及川直樹と死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の«今»を描ききった衝撃の問題作第5巻。

line

著:郷田マモラ   
発売日:2006年02月25日  定価:本体600円 + 税

死刑を執行する側とされる側。新人刑務官・及川直樹と死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の«今»を描ききった衝撃の問題作第4巻。新聞各紙書評欄にて大絶賛です!

line

 
発売日:2005年08月27日  定価:本体600円 + 税

凶悪な死刑囚・星山克博の改心に、全てを懸ける新人刑務官・及川直樹!その果てには、衝撃の結末が待っていた・・・そして、いよいよ復讐鬼・渡瀬満が死刑囚舎房へやってくる!!

line

 
発売日:2005年08月27日  定価:本体762円 + 税

幽霊の見える監察医、白川真言。真言が幽霊たちのこの世に残した未練を解明すると、彼らはようやく成仏できるのだ。しかし、真言にはどうしても成仏させられない幽霊がいる。それは、真言の最愛の妻・絵夢の幽霊だった・・・。

line

 
発売日:2005年04月28日  定価:本体600円 + 税

死刑を執行する側とされる側。新人刑務官・及川直樹と死刑囚・渡瀬満の禁断の友情を通じ、死刑制度の«今»を描ききった衝撃の問題作!!朝日新聞コミック教養講座にも絶賛されております。『きらきらひかる』でおなじみの著者が描く、骨太の作品第2巻です。

« 前へ 1 2 次へ »