検索の説明
サイトマップ


コミックス
line

四万十怪奇譚
発売日:2018年03月28日
定価:本体980円 + 税
判型:A5判
ISBN 978-4-575-94522-5
四万十怪奇譚
(シマントカイキタン)

著 : 左古文男(サコフミオ)
画 : 井上淳哉(イノウエジュンヤ)
この本は現在発売中です。
お求めは、お近くの書店または下記オンライン書店でもご購入できます。
( 発売日は地域によって異なります。)

各バナーをクリックすると、購入ページに移動します。 
オンライン書店
amazon 楽天ブックス セブンアンドワイ
kinokuniya Book Web オンライン書店ビーケーワン 全国書店ネットワーク e-hon
漫画全巻ドットコム HONYA CLUB

本の紹介
日本最後の清流・四万十川。この美しい河川を有する四万十市は、古くから妖怪や不思議な伝承の宝庫だった。四万十市観光大使の井上淳哉(『BTOOOM!』)と左古文男(『四万十食堂』)の二人が水先案内人となり、新たな日本の怪名所「四万十」の魅力を、漫画・小説・対談・コラムで紡いだ大満足の一冊! 観光のお供にもピッタリな「四万十怪奇MAP」、「中村伝統の味【塩たたき】提供店マップ」もカラーで掲載!

■コンテンツ■
【四万十怪奇譚】
・黒尊の大蛇伝説【漫画・50P】
・皿屋敷【小説】
・ハンガイ森の洪水伝説【小説】
・馬之助神社異聞【小説】
・コラム
【陰陽道とご利益スポット案内】
・対談【井上淳哉×左古文男】
・ご利益スポット案内
(一條神社/不破八幡宮/石見寺/香山寺)
【四万十川の猿猴】
【四万十日記】

(四万十怪奇譚あらすじ)
高知県西部四万十市。ここは、陰陽道が息づく地であり、猿猴伝説を始め、いくつもの不思議な物語がひっそりと語り継がれている。
極東大学で民俗学を教える准教授の黄泉山霊士は、四万十に伝わる数々の伝承の真実を探るため、教え子の池田佳とともにフィールドワークへ出かけていった。
最初の目的地は古くから神聖な土地として知られる黒尊地域。二人を案内してくれた黒尊神社の宮司から、「黒尊さん」と呼ばれる大蛇の伝説を聞かされるが…。
漫画と小説で奏でる上質な怪異伝承ミステリー。


この著者の本
  • 四万十怪奇譚
    四万十食堂 おかわり!
    オアシス食堂
    四万十食堂