検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”大道珠貴”:

line

著:大道珠貴   
発売日:2017年05月11日  定価:本体546円 + 税

桐生極、小学五年生。膨らみはじめたココロと身体に翻弄され進むは、大人への階段か? いや、それとも――。世界と向き合いはじめた少女の瑞々しい感性を、シニカルなユーモアで描いた青春小説。

line

著:大道珠貴   
発売日:2015年05月22日  定価:本体1,300円 + 税

桐生極は小学校五年生。周囲にズレを感じているが、まだその「違和感」を上手く言葉にできない。どういう局面でも腑に落ちないし、落ち着かない。でも、油断はしていない  ...続き.>

line

著:大道珠貴   
発売日:2012年12月13日  定価:本体552円 + 税

「自分の名前さえ書ければ合格」と言われている高校の、そのまたどうしようもない十人が集められたクラス“トッキュウ”。そこから巣立った同級生たちの26年後――。芥川賞作家がシニカルなユーモアと心地好いリズムで描きだす、それぞれの人生。

line

著:大道珠貴   
発売日:2008年10月16日  定価:本体562円 + 税

「陽気な人々って苦手。なんか、両手ひらひらさせて踊って、遠い目して海眺めて、それでうやむやにしてしまいそう」。ハナとウミは父親の違う姉弟。ニートな日々に別れを  ...続き.>

line

著:大道珠貴   
発売日:2008年01月15日  定価:本体1,500円 + 税

高校の同級生たちの20余年後を描いた連作短編集。それぞれが身につまされる問題を、シニカルなユーモアとリズムのよい文章で、楽しくさらっと読ませる傑作登場。

line

著:大道珠貴   
発売日:2006年06月15日  定価:本体629円 + 税

「銀座に行こう。なんだかおもしろそうだ。」東京近郊の町で生まれ育った女子高生の夏海は、ある日、銀座のクラブにスカウトされ、水商売の世界に足を踏み入れる──。さびしくておかしい。そして、切ない物語。

line

著:大道珠貴   
発売日:2003年05月27日  定価:本体1,200円 + 税

新芥川賞作家待望の受賞後第一作! 「銀座へ行こう。なんだかおもしろそうだ」女子高生の夏海はある日、銀座のクラブにスカウトされ、水商売の世界に踏み入れる。そんな彼女の半生を軽妙な文体で描いた、新エンターテインメント純文学。

« 前へ 1 次へ »