検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”誉田龍一”:

line

著:誉田龍一   
発売日:2018年11月15日  定価:本体593円 + 税

若い頃に御庭番を務め、その後、箱館奉行、外国奉行、神奈川奉行を歴任、さらには万延元年に幕府の「遣米使節」の一員として小栗上野介らと共にアメリカに渡るなど、幕末  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2018年02月15日  定価:本体611円 + 税

三好小次郎が師匠をつとめる手習い所「長楽堂」に、旧友の善海坊が二人の子どもを連れてやって来た。両親がいきなり消えてしまったので、しばらく預かって欲しいという。  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年10月12日  定価:本体611円 + 税

手習い所「長楽堂」の先生ぶりも板についてきた三好小次郎。子どもたちからも「泣き虫先生」と呼ばれ、相変わらず慕われているが、ある日、長楽堂で盗難騒ぎが起きる。あ  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年06月15日  定価:本体611円 + 税

手習い所「長楽堂」の子どもたちから「泣き虫先生」と呼ばれ、すっかり人気者になった三好小次郎。ある日、小次郎は子どもたちから、近所に「幽霊屋敷」があることを聞く  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2017年05月11日  定価:本体611円 + 税

ひょんなことから、本所緑町の手習い所「長楽堂」の先生になった三好小次郎。小次郎は浪人で、風貌はおよそ武士らしくないが、実は一刀流の達人。それでいて、ちょっとし  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年11月10日  定価:本体611円 + 税

団扇売りの鹿之丞が何者かに襲われたのに続き、楊枝屋の看板娘・お蝶も男に騙され、姿を消す。さらに、親分の内与力・村雨卯之助までもが、謎の侍集団の襲撃を受け、半死  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年08月04日  定価:本体611円 + 税

路傍で倒れている武家の奥方と息子を助けた「使の者」猪三郎と鹿之丞、お蝶の三人組。尾張から江戸に出てきたという母親は、猪三郎たちに「人探し」を頼む。よくよく事情  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年05月12日  定価:本体611円 + 税

門前仲町で「美女入れ札」が開催される。第一位と第三位は、誰もが納得する美形だったが、第二位に選ばれた女は、どう見ても美女と言いづらい容貌の持ち主で、方々から疑  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2016年02月10日  定価:本体611円 + 税

門前仲町界隈で、男ばかりを狙った辻斬りが横行する。「使の者」猪三郎は、知り合いの煮売り屋の親父が殺されたことをきっかけに、事件を調べ始める。仲間たちを囮に使い  ...続き.>

line

著:誉田龍一   
発売日:2015年11月12日  定価:本体602円 + 税

「使の者」、いまで言う〝便利屋〟を生業にしている猪三郎、「団扇売り」の鹿之丞、そして、楊枝屋「姿屋」の看板娘のお蝶。そんな三人を、親代わりで面倒を見てきたのが  ...続き.>

« 前へ 1 2 次へ »