検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”花村萬月”:

line

著:花村萬月   
発売日:2018年01月11日  定価:本体657円 + 税

過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称モデル・宮島弥生を描いた前作『浄夜』。その作品の登場人物だった舎人憲夫の”M”を描いたこの作品は、虚構と実像のあわいを行き来する哲学的小説でもある。

line

著:花村萬月   
発売日:2014年11月21日  定価:本体1,600円 + 税

過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称モデル・宮島弥生を描いた前作『浄夜』。その作品の登場人物だった舎人憲夫の”M”を描いたこの衝撃作は、虚構と実像のあわいを行き来  ...続き.>

line

著:花村萬月   
発売日:2012年10月19日  定価:本体1,400円 + 税

愛犬ブビヲの「切ない話」から、赤信号で人生を考える「生きる」まで、縦横無尽に萬月節が炸裂する。『笑う萬月』『萬月療法』につづく、「そうだったのか!」と、思わずぽん!と膝を打ってしまいたくなるお話満載のエッセイ集第三弾。

line

著:花村萬月   
発売日:2008年11月13日  定価:本体838円 + 税

自称モデルで、過食嘔吐を繰り返す宮島弥生は、カルチャーセンターの小説講座に通う作家志望の女性。作品を読んだ講師である芥川賞作家の花山と、その担当編集者の桐島は  ...続き.>

line

著:花村萬月   
発売日:2002年08月20日  定価:本体552円 + 税

読んですっきり! 日々、迷いながら生きている人に贈りたい「処方箋」。でも読む人によっては、毒にも薬にもなるから要注意の第2弾エッセイ集。

line

著:花村萬月   
発売日:2000年06月14日  定価:本体857円 + 税

「新生・花村文学の誕生」ともいうべき、衝撃の問題作! 過剰なまでの暴力を描き支持されてきた著者が、それを排除し、人間の内面をまさに内臓に届くほど描ききった渾身の一作。登場人物たちの独白は、著者独特の哲学さえ感じさせる。

line

著:花村萬月   
発売日:1998年11月12日  定価:本体514円 + 税

その暴力的な作風で文壇を震撼させた芥川賞作家・花村萬月の初エッセイ集。小説からは見えなかった魅力が躍動する、鋭利にユーモラスな文章の数々。

« 前へ 1 次へ »