検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”池永陽”:

line

著:池永陽   
発売日:2016年04月22日  定価:本体1,500円 + 税

夫を殺され仇討ちの旅に出た由衣と下男の藤太。江戸にたどり着き、仇を見つけ、立ち合うことに。藤太は国許で村相撲の関脇を張ったほどの力を持つが、剣のほうは旅に出る  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2016年03月10日  定価:本体602円 + 税

『珈琲屋の人々』シリーズが大好評の著者が、様々な家族の情景を切り取った短編集。娘を嫁に出す父親、自身の再婚と息子の問題で揺れる女性、不倫を清算したい会社員、食  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2015年07月22日  定価:本体1,600円 + 税

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。連続ド  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2015年05月14日  定価:本体657円 + 税

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。連続ドラマ化もされ、ロングセラーを記録した『珈琲屋の人々』の続編。行介と冬子の恋の行方は?

line

著:池永陽   
発売日:2013年05月23日  定価:本体1,500円 + 税

好評を博した『珈琲屋の人々』続編。東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。情感溢れる筆致が冴える連作集。

line

著:池永陽   
発売日:2012年10月11日  定価:本体619円 + 税

東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた……。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。情感溢れる筆致が冴える連作集。読み終えると、あなたはきっと熱いコーヒーが飲みたくなる。

line

著:池永陽   
発売日:2011年03月18日  定価:本体1,500円 + 税

『珈琲屋の人々』が好評だった著者の最新作は、様々な家族の情景を切り取った短編集。娘を嫁に出す父親、自身の再婚と息子の問題で揺れる女性、不倫を清算したい会社員、  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2009年05月14日  定価:本体838円 + 税

昭和40年代、清流・吉田川が流れる町には、ある習慣があった。「川にかかる新橋から飛び込む。それができれば一人前の男になる」―度胸がなく、中学生になっても飛び込めず  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2009年01月21日  定価:本体1,700円 + 税

「珈琲屋」の主人・行介は、人を殺した。行介の恋人だった冬子は、別の男性と結婚した。行介が刑期を終えたとき、冬子は離婚した。そんな二人の間には、時だけが静かに流  ...続き.>

line

著:池永陽   
発売日:2006年07月18日  定価:本体1,700円 + 税

舞台は昭和40年の岐阜県郡上八幡。清流で知られるこの町には「中学に入るまでに町を流れる吉田川に飛び込めば一人前の男」という伝統があった。一人前になるため奮闘する主人公と、友人・先生などの姿を瑞々しく描いた叙情豊かな長編青春成長小説。

« 前へ 1 次へ »