検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”赤名修”:

line

著:中島かずき    画:赤名修
発売日:2008年03月28日  定価:本体600円 + 税

江戸で評判の腕利きの錠前屋、錠之介には裏の顔があった。心の闇が開く時、人は魔に憑かれる。その魔を錠に封印することを“枢り”という。錠之介の裏の顔、それは江戸の町  ...続き.>

line

著:中島かずき    画:赤名修
発売日:2007年03月28日  定価:本体600円 + 税

海に流れ着いた記憶喪失の女が持っていた鍵は、呉服屋・大丸の土蔵の鍵だった。そこは、“江戸城への扉”であるという……。この鍵を狙う、強大な魔物・牙鳳丸。牙鳳丸の正体と目的は!?

line

著:中島かずき    画:赤名修
発売日:2006年06月28日  定価:本体600円 + 税

『勇午』(講談社刊)の赤名 修と、劇団☆新感線の中島かずきのまさかのコンビが放つ新感覚☆時代劇! 江戸で評判の錠前屋・錠之介の裏の顔。それは町にはびこる魔を封印する“くるり屋”である!!

« 前へ 1 次へ »