検索の説明
サイトマップ


ジャンル一覧へ

« 前へ 1 2 次へ »

※発売日は地域によって異なります。
検索ワード ”芦川淳一”:

line

著:芦川淳一   
発売日:2012年02月16日  定価:本体600円 + 税

未明に、如月剣四郎は見知らぬ部屋の中で気がついた。なぜか前夜からの記憶がない 。そこは広い屋敷のようだ。身に迫る危険を感じ、屋敷から忍び出ようとしたとき、庭で人  ...続き.>

line

著:芦川淳一   
発売日:2011年08月11日  定価:本体600円 + 税

旗本の四男坊で盗賊団黒猫組の一員である如月剣四郎は、元盗人の末右衛門を助けてほしいと頼まれる。末右衛門は骨董好きが高じて、呉服屋多賀屋にある天竺茶碗を盗もうとするのだが、多賀屋に忍び込んだまま消えてしまったのだ。好評シリーズ第三弾!

line

著:芦川淳一   
発売日:2011年01月13日  定価:本体600円 + 税

九年前、廻船問屋に盗みに入った義賊・黒猫組が、何者かに待伏せされ仲間のほとんどが斬り殺された。生き残った五人は、襲った敵を探し出し仇討ちしようと意気込むのだが  ...続き.>

line

著:芦川淳一   
発売日:2010年09月16日  定価:本体600円 + 税

二千石の直参旗本の四男坊の如月剣四郎は、五歳のとき記憶をなくし、盗人の一味に育てられる。それから八年、育ての親の浪人が斬殺されるのを目撃し、そのショックで記憶  ...続き.>

line

著:芦川淳一   
発売日:2010年02月10日  定価:本体600円 + 税

俊作が住む昌平店に男の子を背負った男が深夜紛れ込んできた。武家屋敷に盗みに入ったが、若い武士に「若を頼む」と言われ子どもを背負い逃げてきたと言う。若君を武家屋敷に届けて欲しいという厄介事を抱え込んだ俊作だったが…。シリーズ第五弾。

line

著:芦川淳一   
発売日:2009年10月15日  定価:本体600円 + 税

俊作は、大道芸人の征吉に知り合いの女の用心棒を頼まれる。渋々引き受けた俊作だが、これが間違いのもと。いきなり大勢の刺客に襲われ、女と逃げまわる羽目に。実は、この女は、元盗賊だったのだ。女を襲う刺客たちの目的とは? シリーズ第4弾。

line

著:芦川淳一   
発売日:2009年06月11日  定価:本体600円 + 税

俊作に舞いこんだ新たな仕事は、呉服屋の十歳の女の子の用心棒だった。子どもが心配なら千両寄越せという妙な脅し文が、呉服屋に届いたからである。勝気な子に振りまわされ難儀する俊作だが……。大好評シリーズ第三弾!

line

著:芦川淳一   
発売日:2009年02月12日  定価:本体619円 + 税

江戸の町で立て続けに三件の辻斬り事件が起きた。すべての死骸は一太刀の下鮮やかに斬られ、体のどこかに朱色の蝶の刺青があった。闇の社会に巣食う連中の仲間割れか?南町  ...続き.>

line

著:芦川淳一   
発売日:2008年10月16日  定価:本体600円 + 税

信州猪田藩藩士で一刀流の遣い手滝沢俊作は十八歳の時、若君の近習に抜擢され江戸藩邸へ。しかし、二年が経ったある日、同僚を殺害という身に覚えのない罪で藩を追放され  ...続き.>

line

著:芦川淳一   
発売日:2008年06月12日  定価:本体600円 + 税

国元から、藩の乗っ取りを企む井筒帯刀が桜木真之助に刺客を放った。また藩邸にも藩主の暗殺を企む一派がもぐり込んだ。真之助は許嫁の志穂の協力を得て、暗殺を阻止しょ  ...続き.>

« 前へ 1 2 次へ »